メールマガジン

創刊に当たって(2011.05.05)

【週刊ペットマガジン 創刊に当たって】━━━━━━ 伊東正和 ━━★☆

みなさま、こんにちは。 日本ペットセレモの社長を務めております、伊東です。
この度「週刊ペットマガジン」を創刊することになりました。

内容は、「ペットたちの物語」と「ペット好きのための役立つ情報」の二本柱で お送りしてゆく予定です。
私はペットと飼い主様の本当に強い絆を感じる仕事をさせていただいています。
そのことに感謝する毎日です。 ペットたちそれぞれにある物語を、多くの皆さまと一緒に感じ、そして、語り 合うことができる場にしてゆきたいと思います。
どうぞ、これから始まる「週刊ペットマガジン」をよろしくお願いいたします。

【Tales of Pets〜ペットたちの物語】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

■□■「ペット葬祭への想い」伊東正和(日本ペットセレモ社長)■□■
私は日本ペットセレモという「ペットの火葬、納骨、埋葬、葬儀、供養」の会社を 経営させていただいています。
元々、人間の葬儀社に勤めていたのですが、いつかは自分で事業を興したいという 希望を持っていました。 幸い、社員のそういう「志」に理解のある会社だったこともあり、具体的な独立計 画に入ることができました。

「何をしようか」 葬祭業のノウハウは叩き込まれていましたが、恩のある会社の競合になるのはイヤ でした。
そんなとき、実家で飼っている老犬が弱って来たという連絡がありました。
「万が一」の為にいろいろ考えておいた方が後悔が少ない、というのは、葬祭業で 働くものとして実感していましたから、彼に「万が一」があった時のために、ペットの葬送について調べておこう。
そう思いました。

ところが、電話帳を頼りに調べてみますが、よくわからないのです。
ペットが亡くなったあと「何をすればいいのか」「いくらかかるのか」
誰も教えて くれません。
とても不安になりました。

そして思ったのです。
葬祭の仕事をしている私ですら、不安になる。
ましてや、まったく葬祭のことを知 らない人たちの不安はどれくらいのものだろう。
これではいけない。
だから、私が、ペットを見送る人たちの不安を少なくする仕事をしよう!と。

こうして私はペット葬祭の仕事をすることを決めました。
トントン拍子で事務所、斎場の敷地も決まり、元の会社には出資までしていただきまして、「株式会社日本ペットセレモ」を開業することができました。

悲しみの中にも、後悔の無いお見送りをしていただきたい。

それがペット葬祭への私の想いです。


>>バックナンバーへ

購読お申し込み

「ペットマガジン」は、「ペットたちの物語」と「ペット好きのための役立つ情報」の二本柱でお送りします。 ペットたちそれぞれにある物語を、多くの皆さまと一緒に感じ、そして、語り合うことができる場にしてゆきたいと思います。

どうぞ、「ペットマガジン」をよろしくお願いいたします。

ペットマガジンは独自メールシステムの他、「まぐまぐ」と「メルマ!」を利用して発行しています。
どちらのメールマガジンスタンドも内容は同じですが、独自メールシステムの場合、マガジンスタンドからの広告が配信されません。
それぞれの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みの上、ご登録をお願いいたします。

【ペットセレモ専用で購読の方はこちら】
メルマガ登録 / 解除
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer