メールマガジン

ペットのお守り(2011.12.08)

ペットの御守り
「ペットお守り」もあるのをご存知ですか?

一部の神社仏閣では、人間だけではなく、犬猫をはじめとするペットたち向けのお守りを扱っているところがあるのです。

記者は、八景島近くの某神社で「ペット御守」を発見。
さっそく、そのいわれを伺ってきました。

記者「ペット御守はいつからあるんですか?」
神社「いつからかは、今わからないけれど、新しいものです。4~5年前からじゃないでしょうか」

記者「元々あったものではないのですね?」
神社「最近、『ペットの御守りがほしい』という声が多くなってきたので、それにお答えして置いたものですからね」

記者「ペットの御守りというのはあまり見かけない気がしますけれど」
神社「そんなことはないですよ。いろいろなお宮さんで扱っていますよ」

記者「どんな方がお参りされるんですか」
神社「特定の傾向がある訳ではないと思いますよ。ペットをこどものようにかわいがっている飼い主さんですね」

記者「交通安全/健康長寿、とありますけれど、他のご利益はないんですか?」
神社「御守りというのは薬と違いますから、本当はどの願いに効く、というものはないんです。大きな神様の『おかげ』というのがあって、それを蒙る象徴が御守です。」

記者「御守りを買った方からの喜びの声などはありませんか」
神社「特別なものは聞いていませんが、七五三をしてくれないかとか、そういうお声はありましたね」
記者「ペットのですか」
神社「それは話だけで終わりましたけどね」

「ペット」は、一部分であって、「ペットの神社」と誤解されても良くない、ということで、神社の名前はお出しできませんが、 神社でペットの御守りを買い、お祓いを受けることを考えているオーナーさんもいらっしゃるんですね。
神社からは「神様の前では、人も動物も関係ないですから」というお言葉をいただきました。
そう、みんな家族ですものね。
(取材:桜企画) 
>>バックナンバーへ

購読お申し込み

「ペットマガジン」は、「ペットたちの物語」と「ペット好きのための役立つ情報」の二本柱でお送りします。 ペットたちそれぞれにある物語を、多くの皆さまと一緒に感じ、そして、語り合うことができる場にしてゆきたいと思います。

どうぞ、「ペットマガジン」をよろしくお願いいたします。

ペットマガジンは独自メールシステムの他、「まぐまぐ」と「メルマ!」を利用して発行しています。
どちらのメールマガジンスタンドも内容は同じですが、独自メールシステムの場合、マガジンスタンドからの広告が配信されません。
それぞれの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みの上、ご登録をお願いいたします。

【ペットセレモ専用で購読の方はこちら】
メルマガ登録 / 解除
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer