メールマガジン

笑うコーギー・ドッグフォトの佐藤克之さん
「ペットカメラマンへの道」(2013.02.07)

笑うコーギー ドッグフォトの佐藤克之さん

笑うコーギーなど、ドッグフォトで有名なカメラマン、佐藤克之さん。
ワンちゃんファンに大人気です。
佐藤さんに、ペットカメラマンとなったいきさつ、良い写真の撮り方
について伺いました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◆ペットカメラマンへの道

横浜市磯子区岡村町。
フォークデュオの「ゆず」や、女子プロレスラーの神取忍さんの地元ですが、佐藤さんも、おなじく岡村で生まれ育ちました。

現在のご活躍から、子どもの頃からアートの才能を発揮し、芸術家の道を一直線の方かと思いきや、
「機械工学の学校を出て、最初はバイク用品を販売していました」
アーティストというよりも、エンジニア方面の道を歩んでいたそうです。
ただ、お父様が絵を描かれるかたで、その流れで写真にも興味はあり、素養は十分だったようです。

やがて佐藤さん、学校関係に備品を納品する会社に転職します。
その営業の途中に出会ったのがモモちゃんでした。
諸事情を考えて、独立しようか悩んでいた佐藤さんは、モモちゃんに背中を押されて独立を決断します。

「独立すれば、モモと一緒の時間が増えますから」

PCの販売、メンテナンス、HP制作、そしてデザイナーである奥様の仕事もくわえた会社を立ち上げます。
そこで佐藤さんは、HPの制作をする上で、素材を撮影する必要に迫られてカメラを手にします。
仕事としてカメラを扱うのは、それが初めてのことでした。

本業にするつもりはなかった写真。ところが、平成不況の煽りで、当初本業と考えていた分野が業績を落としていきます。

なりふり構っていられません。

まさにタイミングよく、モモちゃんの写真が評判を呼び、撮影会や出版の仕事、NHKからもカメラマンとして声がかかるようになります。
必死に写真の仕事をこなしているうちに、気がついたら「カメラマンが本業になっていた」佐藤さん。

「がむしゃらに、いただく仕事をしていたら、カメラマンという場所にたどり着いたという感じです。私は、自分はカメラマンになるんだ、アートなんだ、なんていう気持ちは全くありませんでした」

それにしても、と佐藤さんはおっしゃいます。
「モモと逢ってから、カメラマンになる方へなる方へと、すべてのものが動いていっている気がします。不思議な巡り合わせですね」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【佐藤克之作品集】
【佐藤克之公式HP】】

(取材:桜企画)


>>バックナンバーへ

購読お申し込み

「ペットマガジン」は、「ペットたちの物語」と「ペット好きのための役立つ情報」の二本柱でお送りします。 ペットたちそれぞれにある物語を、多くの皆さまと一緒に感じ、そして、語り合うことができる場にしてゆきたいと思います。

どうぞ、「ペットマガジン」をよろしくお願いいたします。

ペットマガジンは独自メールシステムの他、「まぐまぐ」と「メルマ!」を利用して発行しています。
どちらのメールマガジンスタンドも内容は同じですが、独自メールシステムの場合、マガジンスタンドからの広告が配信されません。
それぞれの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みの上、ご登録をお願いいたします。

【ペットセレモ専用で購読の方はこちら】
メルマガ登録 / 解除
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer